イメージづくり・リサーチ


理想のマイホームを手に入れるためには、何をすればよいのでしょう。必要なお金は?何を頼りに探す?用意するモノやかかる時間は?新築分譲マンションの購入にあたって、思い立ったときから入居までの基本の流れや段取りを順を追ってご説明し、どのような準備が必要かをご紹介します。

新築マンション購入のステップ

理想のマイホーム像・購入予算を計画

1家族との意見交換

物件探しの前にご家族と住まいの理想を話し合いましょう

「どこに住みたい?」「広さは?間取りは?」「通勤優先?環境優先?」――まずは、マイホームへの夢をご家族で語ることから始めましょう。いざ物件探しを始めると、あれこれ迷うことも。住まい探しのきっかけや新しい住まいに求める条件を明確にし、理想のマイホーム像を最初にきちんと描いておくと、この先の物件選びがスムーズに進みやすくなります。
またご両親やご兄弟とも話し合い、様々な意見を参考にしながら進めることも大切なポイントです。

2購入予算の把握

事前に大まかな予算を決めましょう

マイホームは大きな買い物です。それだけに、資金計画は最重要ポイント。頭金はいくら用意できる?住宅ローンの月々の返済はどれくらいに抑えたい?現在の年収はもちろん、お子様の成長に伴う教育費の増加など将来の支出の見込みも考え合わせることが大切です。現在の住宅費・家賃なども参考にしながら、購入可能な大まかな予算を把握して物件探しに臨みましょう。

3情報収集・資料請求

気になる物件には積極的に資料請求を

物件検索は『三井のすまい』をはじめとした不動産情報サイトが便利です。新聞折り込みチラシや駅の看板で見かけた物件もこちらから詳細情報を入手できますので、希望条件を入力して検索してみましょう。気になる物件が見つかったら、すぐに資料請求を。最新情報や物件の特徴がまとめられたリーフット等が入手でき、比較検討がしやすくなります。また「三井ハウジングメイト」のように、メールマガジンにて情報が届くサービスもあるので積極的に活用しましょう。

物件選びから決定まで物件選びから決定まで

1モデルルーム見学

モデルルームと現地は何度も訪れることが大切

候補となる物件をある程度絞ったら、モデルルームへ出かけましょう!予約をすれば、営業担当者がマンツーマンで案内してくれたり、物件によっては一般公開に先駆けて見学ができるなどのメリットもあります。またモデルルームはもちろん、現地へも何度も足を運んで周辺の環境もしっかりチェックしましょう。

2物件の絞り込み

お気に入りの物件が見つかったら

いくつかの物件を比較して、気に入った物件が見つかったらご家族と相談しましょう。物件を絞り込んでいくには、見学後の振り返りが大切。パンフレットや資料も活用しながら理解を深めましょう。分からないことは営業担当者に質問して不安を解消。迷ったら最初にご家族で話し合ったマイホームの理想に立ち返り、ご家族の希望が叶う住まいかをしっかり見極めましょう。

3資金計画 (1)

営業担当者への相談と、セミナー・相談会参加

お気に入りの物件が絞り込めたら、いよいよ資金計画へ。物件によって異なるので営業担当者に遠慮なく相談しましょう。ご自身の年収や頭金として用意できる金額を把握して臨むとスムーズです。また物件ごとに「住宅ローンセミナー」や「ファイナンシャルプランナー相談会」などのイベントが随時開催されますので、積極的に参加して知識を深め、家計に無理のない資金計画を見極めましょう。

4資金計画 (2)

頭金はどれくらい?諸費用とは?

住宅購入資金は「(A) 物件引渡しまでに現金で用意するもの」と「(B) 住宅ローンでの借り入れ」の大きく2つに分かれます。(A) は「頭金」と「諸費用」で、「頭金」を多く用意できれば住宅ローンが少なくて済み、月々の支払いの負担も軽くなります。「諸費用」とは登記費用や印紙代、税金や各種保険料などで、物件価格の6~10%ほどを引渡しまでに現金で用意する必要があります。また住宅ローン融資限度額は、物件や借り入れ先、ローンの種類によって期間や融資限度額が異なるのでしっかり確認しましょう。

5住宅ローン事前審査

自分に合ったローンを選ぶために

資金計画が決まったら、計画通りに融資が受けられるかを確認するため早目に事前審査を申し込みましょう。これは頭金や年収等の条件を基に、住宅ローンを利用できるかどうかの審査で、購入計画の重要なポイントです。長期にわたる返済になるのでご自身に合った住宅ローンを選びましょう。

6登録抽選・申し込み

物件が決まったら申し込み

理想のマイホームが見つかったら、次は申し込みです。購入申込みの方法は「先着順受付」と「登録・抽選」があります。「先着順」は文字通り申し込み順です。「登録・抽選」は登録期間中に希望住戸に申し込み、複数の希望者がいた場合は登録期間終了後に抽選で決定されます。どちらの方式も購入希望住戸が決まったらすぐに営業担当者に意思を伝えることが大切です。

いよいよ契約手続きへいよいよ契約手続きへ

物件選びから決定まで

1購入申込み・重要事項説明

契約前の大切な説明です。しっかり納得を

いよいよ正式な購入申込みです。名義と資金を確定して、重要事項説明を受けます。重要事項説明とは、法律によって契約前に不動産会社が購入者に対して説明しなければならない事項として定められ、宅地建物取引士によって「物件」と「売買契約」についての細かい事項が説明されます。後々のトラブルを防ぐためにも、不明点をそのままにせずきちんと確認しましょう。

2売買契約

売買契約時には「手付金」が必要

手付金は契約時に売主へ預ける必要がある自己資金の一部です。額は物件価格の10%が目安となるので、早めに準備しておきましょう。また契約書類と重要事項説明書は内容の多くが重複していますが、別の書類です。両者を突き合わせて内容を確認することも大切。売主と買主が売買契約書に署名捺印して、契約締結が完了します。

3住宅ローン本申込み

住民票や印鑑証明などを用意

売買契約が終わったら速やかに借り入れをしたい銀行に住宅ローンの本申込みをします。審査が行われ、正式な承認と融資条件が決まります。本申込み時には住民票や印鑑証明など様々な公的書類が必要になるので、営業担当者に確認をしておきましょう。

入居手続会からご入居まで入居手続会からご入居まで

1入居手続会

入居までに必要な手続きを確認

お引渡しが近づくと「入居手続会」が開催されます。ここでは引渡し日の確認のほか、住宅ローンの金銭消費貸借契約や登記手続き、駐車場のご案内や、引越しの日程調整などが行われます。忘れずに出席しましょう。
※入居手続会開催の有無は物件により異なります。

2建物内覧会

完成した購入物件をチェック

建物が竣工したら、購入住戸の内覧会が開催されます。待ちに待ったわが家とのうれしい初対面ですが、落ち着いてご自身が購入した住戸が契約図面通りに仕上がっているか、不具合がないかをしっかりチェックしましょう。万が一、気になる箇所があった場合には遠慮なく指摘して、納得いく説明や修繕の対応を申し出ましょう。また、お引渡し前に住戸に入れる唯一のチャンスですので、カーテンや家具の購入に備え採寸をお勧めします。

3残金決済・引渡し

いよいよ鍵の受け取り

待ちに待ったマイホームの引渡しです。手付金以外の頭金と諸費用分の現金を指定日までに売主に支払います。鍵の引渡しを受け、同時に住宅ローンが実行されて支払いがスタートします。

4ご入居

夢のマイホームでの新生活がスタートします

さあ、いよいよご入居となり、わが家のマイホーム購入物語も完了です。電気やガスの申し込みや、アフターサービス窓口など、入居時に必要となる点は事前にチェックしておきましょう。

撮影協力:パークホームズ調布桜堤通りレジデンシャルサロン