お住まい選び


Webやリーフレット等でお気に入り物件が絞り込めたら、モデルルーム見学に出かけましょう。事前に予約をしておけば営業担当者がマンツーマンで対応してくれるなど、スムーズな案内を受けられます。さぁ、マイホーム購入に向けて行動を開始しましょう。

img_cont_01

モデルルームと購入住戸は間取りも仕様も違うことを念頭に

建物が完成する前の物件は、実際の住戸をイメージできるモデルルームが用意されています。モデルルームは、実際の暮らしがイメージしやすいよう家具などでコーディネートされていますが、ここで一番気を付けなければならないことは、この素晴らしいお部屋は参考だということ。間取りの違いやグレードアップされた仕様を鵜呑みにせず、標準仕様との違いを比較しながら見学しましょう。

大切なのは、わが家の暮らしをイメージしながら見学すること

モデルルーム見学は、天井の高さ、建具やフローリングの仕様・質感など、図面ではわからない立体的な空間を実感できる機会です。せっかくなので眺めているだけでなく、わが家の暮らしをイメージしながら疑似体験をしてみましょう。キッチンでお料理や片付けのシーンを想像して動いてみたり、浴室内に入って広さを体感したり。特に収納は内部をよく見て、使い勝手を確認しましょう。

セレクトや設備体験コーナーもしっかり確認

建物完成前で建具などのカラーやキッチンの高さが選べる物件では、セレクトコーナーが設けられ見本が展示されています。お好みのカラーテイストを確認したり、ご自身が使いやすい高さを試してみましょう。また設備機器の体験コーナーでは快適性や省エネ性能がよくわかるので、ぜひ立ち寄りましょう。※ セレクトには申込期限がございます。

販売センター内はくまなくチェック

販売センター内には、モデルルームのほかにさまざまな展示があり、すべてが物件を理解するための材料です。たとえばシアターでは物件のコンセプトがわかりやすく説明されますので、自分のイメージと合うかの判断の手がかりとなります。また、ジオラマ模型や建物模型、パネルなどの展示物には交通や環境、デザインや共用施設についてなど、その物件をより深く理解する情報が盛りだくさんです。さらに、商談時には資金計画の相談はもちろん、入居までのスケジュールや申込方法、周辺地域の価格相場など気になる点を質問することも大切です。

他物件のモデルルームも見学して比較しましょう

お気に入り物件のモデルルームを見学したら、その物件に決めてよいか判断するために他物件のモデルルームにも出かけてみましょう。他物件と比較することでお気に入り物件のよさが明確になるはず。納得して購入へと進む手掛かりにもなります。

建設現地は必ずチェック!時間を変えて何度か訪れましょう

モデルルームの場所と実際の建設現地が別の場合は、建設現地に訪れて周辺環境や、駅からのアクセスを確認しましょう。物件によっては見学ツアーを開催しているところもありますので、ぜひ参加を。できれば、建設現地の見学は土日の日中だけでなく、平日、朝、夜の様子も確かめましょう。初めて住む場所で土地勘がなく心配な方は、通勤通学時に実際に電車や道路を利用して、混雑具合や渋滞状況を体験してみることをお勧めします。住み始めると毎日のことなので建設現地をよく知ることが大切です。

建設現地と周辺環境チェックポイント

1最寄駅からのアクセス

最寄駅から実際に歩いてみましょう。歩道は整備されているか、交通量や夜道はどんな雰囲気かなど、ここに住むことをイメージして確認しましょう。

2日当りや周辺建物などの状況

物件によっては日影や眺望のシミュレーションを商談時に確認できることもありますが、実際に建設現地に行って確認することが大切です。隣に建っている建物の様子や距離などを把握するため、建設現地の周辺をひととおり歩いてまわりましょう。

3スーパーや学校、病院など生活利便施設

毎日の暮らしに欠かせないスーパーや商店街へ実際に足を運び、品ぞろえや営業時間を確認しましょう。また、学校はお子様と一緒に通学路を歩いてみましょう。お子様の足でどれくらいかかるか、途中に危険な箇所はないかなどを確かめることもお勧めします。

& 実践編& 実践編

図面を読み込みましょう

モデルルームを見学するとパンフレットと一緒にもらえる図面にはたくさんの情報が記載されています。少し面倒と感じるかもしれませんが、後でイメージと違ったということがないためにも、しっかり読み込みましょう。

1間取図を利用して広さや家具レイアウトなど住むイメージを広げましょう

図面には必ず「縮尺」が記載されています。この縮尺と、間取図に定規を当てて測った数字とで計算すれば、実寸を割り出せます。間取図を測る場合は、壁の一番室内側のライン同士を測ります。

例)平面図の寸法30mm、縮尺1/70の場合
30mm×70=約2,100mm

また、物件によっては、この縮尺に合わせた「プランニングシート」がもらえることも。ベッドやソファなど、必要とされる家具があらかじめ縮尺に合わせて用意されているので図面に合わせるだけで簡単にレイアウトがイメージできます。

2間取図に記載された寸法の注意点

間取図には寸法が記載されていますが、この寸法は「壁芯(へきしん)」と言って壁の厚さの中心線同士を測った数字で、実際の有効寸法とは異なります。家具レイアウトの参考には有効寸法を使います。
図面は設計段階のものもあるので、あくまでも目安とすること。施工途中で訂正があることもありますので、図面だけの採寸で家具を決めるには充分な注意が必要です。

3他にも!見落としがちな重要ポイント


間取図上にはさまざまな凡例マークが記載されています。これは例えば、スイッチやコンセント、天井照明を設置するための引掛シーリングの位置など、室内のどこにどのような設備が用意されているかを示すものです。それぞれのマークの名称も記載されていますのであわせて確認を。また、図面には各部屋の天井高や梁の位置も記載されています。こちらも家具のレイアウトの参考になるので、忘れずに確認しましょう。

4間取図だけでなく、図面はくまなくチェックしましょう

図面集には「敷地配置図」「各階平面図」など共用部を示した図面もあります。 つい検討している住戸だけに注目してしまいがちですが、その住戸がマンション全体のどこに位置しているのか、エントランスからどこを通るのか、ゴミ置き場までの動線や駐車場の場所など、実際の生活ではとても大切な事です。必ず確認しましょう。

撮影協力:パークホームズ調布桜堤通りレジデンシャルサロン